photo

長期バイトで学んだ体験談

必要なのは笑顔

二十代後半の主婦です。十代の学生の頃から数年に渡り経験を積んだ、長期バイトの体験談をお話しします。学生時代、時間に余裕も出来た頃、社会勉強をしたいとの考えでバイトを探し始めました。求人はたくさんあるものの、さまざまな条件がある為、学生にとってバイト探しは簡単ではありません。そのような中、学生を歓迎とし、長期でのバイト募集をしている求人を見つけたのです。学校帰りに通える距離でもある事から、早速に応募をしました。仕事内容は、さまざまな食料品や日用品を扱っている販売店での接客です。

photo

約束された日に面接を行い、お互いに条件が合った為に採用になりました。バイト当日、初めての経験でもある事から不安と緊張を感じていました。現場に着くと、まずは先輩スタッフからの注意事項やアドバイスの時間です。接客と言っても、仕事内容はそれのみではなく、さまざまな作業を覚えなくてはいけないのです。最初に念入りに教えられたのが挨拶でした。接客業に必要な最も大切なのは挨拶です。お客さんが買い物に訪れた時に元気な挨拶をする事で、お客さん自体が気持ちよく過ごす事が出来るのです。挨拶は簡単なようでも、慣れない事もあり、恥ずかしさや緊張が強く出てしまいました。しかし、慣れて行くうちに大きな声で挨拶が出来るようになり、それと共に人とのコミュニケーションが好きになったのです。

そして、次に教えられた事は掃除や商品の整頓です。掃除は、お店を清潔にする大切な作業です。目に見える部分だけでなく、商品の下や後ろ側まで徹底的に綺麗にします。これもお客さんが、またこのお店に来たくなる秘訣です。そして、商品の整頓は、どれだけお客さんを考えた見やすいお店作りをしているかが分かる重要作業でした。基本作業を覚えた頃に、お会計などの責任作業を任せられます。その際にも必要なのは笑顔です。接客業にとって必要なのは、お客さんに見せる笑顔と態度です。この大切さを長期で働く中で身につけました。数年間に学んだ体験談を通して成長し、また常識を身に付けた貴重な体験談になりました。

更新情報